press release

カタログ請求する
news
18.05.23

第19回ふれあい紀行バスツアー  参加人数は過去最多の220名超え



2018年519日土曜日、お客様・オーナー様と社員で埼玉県飯能の森をめぐるふれあい紀行バスツアーを行いました。
19回目となる本イベントは高砂建設が主催する年に一度の最大イベント、今年の参加人数は過去最高70220を超え、大型バス6台貸し切り。
高砂
建設の家づくりに欠かすことのできない西川材のルーツをめぐるべく、プレカット工場から林材地大目玉の檜一本伐採実演を行い、無垢材へと変わっていく過程を見学しました。また、高麗川の河原にある巾着田にて社員手作りのバーベキューそして恒例の大黒柱が当たるじゃんけん大会など、恵まれたお天気の中、大成功となりました。


 

■品質を確認できないものには頼れない。西川材にこだわる理由。

自社で使う檜は、地元・埼玉で生まれ育った檜のみ。埼玉県飯能市は江戸時代から良い材木の産地として有名でした。飯能の山から切り出された材木を筏にして入間川と高麗川から川越を通って荒川へ出て、江戸・深川にある木場まで運んでいました。長年愛されてきた、地元の気候風土で育った木材を使うことで、木材本来の持つ強さを導き出し、安全面での保証もできると私たちは確信しています。高砂建設では木が持つ本来の特徴をそのまま家づくりに活かしているため、西川材が生育する西川林業地の温度や湿度をお客様にも感じていただき、そのルーツを知っていただくべく、ふれあい紀行バスツアーは生まれました。
高砂建設が「西川材」にこだわる理由は、単に「国産材・県産材・自然素材だから」ではありません。家づくりに使用する最良の素材を求めた続けた結果、「西川材-檜」にたどり着いたのです

■今秋 川口モデルハウスが西川材のさらなる魅力を伝える形へリニューアル

自社で構える5つのモデルハウスの一つ、「川口体感モデルハウス」が今秋に新館をオープン。敷地内には、高砂建設のテクノロジーや西川材の魅力を新しい形で伝える「(仮称)テクニカルセンター」を設立。セミナーや地域密着型のイベントを展開しながら、「たかさごの家づくり」の情報発信できる場として位置付けていきます。


お問い合わせ

お気軽に下記項目よりお問い合わせ・資料請求ください。ご家族の家づくりの不安ンを解消いたします!
イベントに参加したい
詳しい資料がほしい
セミナーに参加したい
モデルハウスを見たい
資金について相談したい
土地探しについて教えて欲しい
お電話からのご相談も受け付けております。お気軽にお問い合わせください!
お電話でのお問い合わせ
048-455-5000
(受付時間/9:00~18:00 定休日/木曜日)
▲PAGETOP