家づくりマガジン

2019.7.21

さいたま新都心

土地探し~引渡し

(写真:さいたま市大宮区O様邸)

こんにちは
宅地建物取引士
住宅ローンアドバイザーの中山です。

さいたま市大宮区O様邸の引渡しをしました。
おめでとうございます。

O様の家づくりは土地探しからお手伝いでした。

土地探しからのはじめる場合、
色んな進め方があります。

不動産会社を中心に探す方。
建築会社と一緒に探す方。
インターネットを中心に探す方。

全て正解です。

しかし押さえておきたいポイントがあります。
土地と建物の予算配分と、
見えない建物の開きを知ることです。

土地の相場はネットで調べれば把握はできますが
建物は各社開きがあるので簡単に判断ができない。

その開きというのは
価格、性能、設備仕様、
住んだ後の光熱費、メンテナンスコスト
完成までの工期、
さらには見えな住み心地

もっと細かいことを話せば、
着工前までに仕様を決めるところもあれば、
工事の進行に合わせて打合せを行うところもあります。
打合せの方法も様々なんです。

多くの方が住宅ローンを組むわけですから、
当然に予算も絡んできます。
住宅ローンは建物の完成までの期限が決まっています。

こうしたところを把握しておきたい部分なのですが、
実際には土地を買った後に気がつくことも多く、
十分な時間が取れずに
建物の打合せについて行わざるを得ないことがよくあります。

理想の家を実現するためには、
土地・建物の予算も含め、
総合的にプランニングしていくことが必要不可欠です。

そこを優先順位を整えて選んでいただくわけですから
事前の準備は必要になります。

さて、さいたま市大宮区のO様では
最初にどんな家を求めたいのか色々とお話をいたしました。

それから、土地の相場観と景観を知ってもらうために
いくつかの敷地を実際に見てもらいました。
最初はこんな感じです。

地域の雰囲気が気に入らないと簡単には決められません。
住みたいと思う気持ちが決め手になることも多いので
感性は大切なところです。

そんなある日、タイミング良く敷地に出会いました。
全体の相場観や地域の特性も知って頂いたので
スムーズに判断できたのかも知れません。

色んな不安が起きないよう土地のことはもちろん
家づくりの方向を決めること、大切です。