家づくりマガジン

2019.9.4

本社

運動もよいけど、断熱アップがカラダにいいんです

室内の適正な気温について、日本では地域差が大きく一概には言えない、
と思われています。
でも、欧米では、健康的な生活ができる「室温基準」というのが設定されています。

例えば、イギリスは21℃を推奨。
ドイツでは、19℃以下は「人権を損なう」とされています。

では、日本では?
残念ながら、明快なものはないようです。

近畿大学建築の調査では
高断熱住宅に引っ越した方、約2万4千人を対象に健康の変化を調査したデータがあります。


HEAT20の家 より抜粋

転居後に諸症状が改善した人の割合を見ると、
断熱グレードが高まるほど高くなる結果が出ています。

ヒートショックなど冬場の健康だけでなく、アトピー性皮膚炎や気管支喘息
高血圧症などの持病も、
断熱グレードの高さと比例して症状が改善しています。

まもなく敬老の日、今のライフスタイルを基準とする視点に加え、
10年後、20年後の健康を考えた家づくりを
家族みんなで話してみませんか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
医学的な見地からも、
「家の中の温度と健康」が紹介されています

https://www.youtube.com/watch?v=w_xSFfnUv5U




高砂建設の健康テクノロジーはコチラから
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~