家づくりマガジン

2020.4.5

さいたま新都心

家とマスクのお話

こんにちは
最近は「木づかい便り」で情報をお届けしている中山です。
ということで久しぶりのコメントです。

どこへ行ってもマスクの話題・・・
早く平穏な暮らしに戻ってもらいたいものです。

さて、そんなことでマスクに関連する話です。
今や国民病とまで言われ、患者数が増加の一途を辿る花粉症。

このところ花粉だけでなく、空気汚染まで騒がれている状況です。
最近の家は高性能の空気清浄フィルターがついているので
以前に比べれば安心して過ごせるようになりました。

特に今の時期は「洗濯物は部屋干し」
という対策をされている方は多いのではないでしょうか?


冬は空気が乾燥しているはずなのに、室内に湿気がこもったり
洗濯物が生乾きになったりと困ることも・・・。

そこで気にかけたいのは換気のこと。
換気は、換気機器の性能が良ければ、換気能力も良いと思われがちですが、
家の気密が伴ってこそ、はじめてその性能が発揮されるものなんです。


また家の気密性が低ければ、
フィルターを通さない空気が流入してしまうので、
クリーンな空気とはいえませんよね。

家に高性能なマスクをしていても、
違うところから汚染された空気が入ってしまうということです。

理想としている暮らし方は
むずむずしない快適な空間で過ごせること、
室内干しでも洗濯物が乾きやすいこと、
そしてキレイな空気環境で過ごせること。

24時間換気やエアコンの性能を十分に発揮するためには
家の気密性能がどのくらい必要なのか・・・
ここに目を向けてみてはいかがでしょうか。

換気の良し悪しは
家の気密性が大きく影響してくるので
かなり重要なポイントですよ。

↓詳しく知りたい方はこちらもご参考に↓
  24時間換気と家の気密の関係