家づくりマガジン

2020.5.5

さいたま新都心

無垢床の風合い ~広葉樹~

こんにちは、
ランニング時の社会的距離に敏感な中山です。

昨日久々に走りました。
周囲ではbuffをつけているのを見かけますが、
私はTシャツと同じ素材で作られた1枚250円の布マスクです。
全体を覆ってくれるし、
なんといっても何回も洗えるので重宝しています。
布マスクといえば、人気の鎌倉シャツマスクも頼んでしまいました。
こちらはビジネス用です。
スカイブルーでオックスフォードシャツのような素材感・・・。
現在到着待ち・・・

気になる社会的距離ですが・・・
前方から走ってきたら、すれ違わないよう50㍍ほど前から横道にそれる。
前の走者を無理に追い越さず、距離を保つのがお互いのためと思うところ。

さて前回に続いて床のお話です。
新都心モデルでは色んな床を素足で歩いて確かめられますが、
ご紹介するのは広葉樹の床です。

と、その前に・・・
モデルの寝室をレイアウト変更しました!


こちらで使われている床はアカシアです。

アカシアというと白太のある風合いが思い浮かぶかもしれませんが、
着色しウレタンで仕上げしてあります。
少し艶が出ているのが特徴です。

他の床も並べてみました。
左から2番目が、最近人気の自然塗料で仕上げたアカシアです。
こちらがスタンダードな風合いかと思います。

左から順番に、
新都心モデルのアカシア、自然塗料のアカシア、オーク、バーチです。
背景が違うと、雰囲気も変わりますね。

前回もお話しましたが、無垢材は全て性格が違います。
見た目だけでなく、肌触り、質感、手入れ良し悪しなど・・・
家の雰囲気や暮らしに大きく影響してくるのでをしっかりと決めたいところです。

なお先日引渡しをしたお客様の家では
もう少し落ち着いた雰囲気にしたいということでチークを採用しました。
完成時の様子⇒足立区I様邸
みなさんはどんな雰囲気がお好みでしょうか。