家づくりマガジン

2020.5.20

さいたま新都心

床のぬくもりと雰囲気・・・

↑広葉樹系↑  (高砂の施工実例に掲載) ↑針葉樹系↑
こんにちは中山です。

木の床ってどんなイメージをお持ちでしょうか。

・素足でも気持ちが良い・・・
・冬でも足元が暖かい・・・
・梅雨の時期でもベトベトしない・・・
・足に負担がかからない・・・
・健康的・・・
・木の風合いがとても良い・・・

良く考えてみると共通しているのは感覚的な要素。
手足で触れてみて初めて気がつくことなんです。

家づくりマガジンでは「木の床は全て性格が違うんです・・」
ということを話しています。
過去ブログ ⇒ 無垢床の風合い

新都心モデルでは色んな木に触れて感じてもらっています。

それと、木の床は顔つきも違います。
どんな雰囲気にしたいかも大切です。

少し和のテイストを入れたいなら杉なども合います。
アイアンを入れて洋風に仕上げたいならオークなども良いですね。

最近ではPinterestなどで画像を絞り込むこともできるので
近いイメージも探す事もできたりします。

針葉樹と広葉樹では質感も雰囲気もかわってきます。
木の床のぬくもりと雰囲気・・・
どのようにお考えになりますか。