家づくりマガジン

2020.5.27

さいたま新都心

あれから2年

こんにちは中山です。

5月25日‥‥
さいたま市O様の家にお伺いした時の事。

話しは2年前の6月に遡る。
浦和モデルでセミナーを開催しました。

↓その時の様子はこちら↓
ナイチンゲール「看護覚え書と家づくり」

  セミナーではナイチンゲールの看護覚え書を紹介し
  •換気と暖房 •住居の健康 •小管理 •物音 •変化など、
   暮らしや日常生活における向き合い方なども話をしていました。

当時、O様はセミナーに参加されました。

 すると‥
「ねえ、中山さん、これ覚えてる?」


見せてくれたのは、
当時のセミナーでお配りした除菌水でした。

あれですね!「菌断生活!」
玄関ホールにいつも置いてあり大活躍していました。

「そうそう、これがあって本当に助かっています。コロナなんて予想しないし‥
   こういう大切な時期に使わせてもらいました。
 カネカさんも色んな面で昔から健康に気を配っていたんですね」

菌断という考えは、今でこそ浸透してきましたが、
当時はあまり目を向ける機会は少なかったですよね。

「そうなんです。でも高砂さんは目を向けてましたね!」

嬉しい言葉でした。

今日次亜塩素酸の除菌水2本お持ちしました。
どうぞ使って下さい。マスクも持ってきました!

「ちょうど欲しかったのよ」

どうぞ、どうそ。

そんなO様ですが、いつもチラシを置いて頂いてもらってます。
木づかい便りもお読み頂いてありがたい限り。

少し多めに置いておきますね。
お友達が来たら渡して下さい。
と少しご紹介のお願いをしたところ。

「オッケー!」といつもの笑顔です。

今後ともよろしくお願いいたします。
ちなみに娘さんはピカチューの大ファンなんですよ。