家づくりマガジン

2021.1.10

さいたま新都心

家の空気質と見える化~【チェックポイント】

こんにちは中山です。

定期消毒、マスク着用、店内換気、飛沫防止・・・
定着しているようで疎かになっているようなことはないでしょうか。

例えば買い物に出かけた際、消毒液の横を通り過ぎたり・・
小さなことでも毎日コツコツと継続することが必要なのではないかと。
継続は力なりです。

さてモデルハウスでは毎日の感染の予防対策は欠かせません。
朝はスタッフみんなでモデル内の除菌作業からスタートです。
玄関アプローチの放水、テーブル、手摺、ドアノブ、靴ベラ、
椅子、ボールペンなど、手を触れる部分は全て。

でもどこまで予防に努めているのか、
何も見えないので、とても伝わりにくいところです。
そこで、店内ではプレートで示すようにしています。

使ったボールペンも、
使用済みとそうでないものを区分けしています。


打合せが行われた都度テーブルが清掃されているのか
わかるようにすることも必要です。

スタッフはもちろんご来場のお客様にも
意識を高める意味で見える化に取り組んでいます。

気になる換気ですが、
さすがに「空気」は目には見えません。
もちろん窓を開けて定期的に空気の入れ替えもしていますが、
この寒い時期は、夏のように窓を開けて生活するというわけにはいきません。

換気は家の気密性に大きく左右されることをご存知でしょうか。
家の気密性が伴ってこそ優れた換気設備の性能が発揮され、
室内換気の効果も期待できるということです。
冷暖房設備についても同じことが言えます。


キレイな空気環境で
より安心してお出迎えしたいと考えております。

改めて「家の空気質」に目を向けて頂きたいところです。

↓換気についてもう少し知りたい方はこちらもご参考に↓
 ■室内換気の重要性
 ■気になる換気 
↓冬こそ忘れがちな夏の暮らしと向き合う↓
 ↓こちらもご参考に↓

 ■生乾き臭と換気のお話
 ■梅雨入りお悩みランキング