家づくりマガジン

2021.5.5

さいたま新都心

お料理の先生のよう~【イベントの様子】

こんにちは中山です。

今日も新都心モデル前でクラフトイベントです。

4/29は、加藤大工、袴田大工、栗谷川大工にご協力、
5/5は、星大工、大道大工、北沢大工にご協力を頂きました。
高砂の大工さん

ゴールデンウィーク中ということもあり、
小さいお子さんにも楽しんでもらっています。
色々とありがとうございます。

さて、前回も行っている丸太切り•••
引き続き開催しています。

何をつくるのか・・・
そう、お馴染み「西川材のオリジナルコースター」

厚さはお好みに合わせてどうぞ!

もしロールケーキだったら
均等に分けないと兄弟喧嘩になりそうですが、
これは厚く切っても心配ないですよ。


切った後は、ヒノキの香りもご堪能。
新鮮!切り立て、切り株コースターの出来上がり。

この先はMYアレンジコースターとして
仕上げてみるのもひとつです。

はじめての方でも安心です。
道具の扱い方は高砂の大工さんが教えてくれます。

肝心なノコギリの扱い方・・・
押すの? 引くの?


押しても切れません。
引いて使うのがポイントです。

そんな中、ノコギリとカンナの扱い方について
星大工から話がありました。

「海外は押すのが当たり前なんだよ・・」

え!?そうなんですか・・・
押しノコ、引きノコと言うそうで力のかけ方にも違いがあるようです。

・・・意外に知っているようで知らない道具の扱い方。
こんな話を聞けるのも新鮮です。


なんだか大工さんがお料理の先生のように見えてきました。
イベントの様子も
包丁片手に料理をしているような感じ•••