家づくりマガジン

2021.12.16

さいたま新都心

ウォールナット~【現場の様子】

こんにちは中山です。

ウォールナット・・・・
世界の三大銘木のひとつ。

紫色を帯びた深い暗褐色の美しい木目は世界的に評価が高く、
高級材の代名詞となっていることはよく知られています。
今も昔も変わらず人々の心を魅了します。

そんな銘木が今朝、川口市N様の現場に到着しました。
ウォールナット材というと「白太」という
木目に白い部分のある家具や床などをよく見かけます。
しかしこの材料にはそれがほとんどありません。
かなり目利きが良くないと簡単には選別できない逸品という印象。


スライスされた銘木は元々8.5センチの厚さでした。
仕上げていく過程で反りを無くしたり
さらにスライスを行い最終的に6センチになりました。

小口を見てみると年輪もわかり、
芯に近い銘木だったこともわかりました。

さて使うところは壁掛けTVの正面です。

さすがに重量があり他の手を借りておさめたところです。

収納部分となる扉は黒を基調としたデザインになる予定。
出来上がりが楽しみ。