家づくりマガジン

2022.4.9

新座・朝霞

間取り家族会議の限界

こんにちは、滝口です。

よし!家を建てよう!
じゃあリビングはどーんと広く!
上は吹き抜けにしてウッドデッキを付けて週末はバーベキューだ!
子供用のジャングルジムも置いて、
パパは自転車のメンテナンスができる土間スペースがほしい、
ママはヨガのできるスペース、
ベランダは大きくして優雅にティータイム・・・

まずは夢を膨らませてみましょう。
家族のどんな要望があるのか、どんどん出し合ってみると意外な発見があるかも。

でも、家族会議を重ねて、「要望がしっかりまとまったら」ハウスメーカーに相談に行こう、
という方、いませんか?
でもその必要はありません。



私たちが間取りをご提案するとき、ご要望のほかに考えることは、
・各ご要望の優先順位づけ
・法規制
・ご予算
・建築地の条件や環境
・将来的な可変性
などなど。
これらを一緒に考えていかないと、ご要望だけでは
実現不可能なものになってしまいます。
ご家族のご要望をかなえつつ、実現可能なプランにするためには
家族会議はほどほどにして、まずはご相談にいらしてください。

必要なのは、なぜ家づくりをするのか、外せないポイント(コンセプト)は何か。
これがなくては、ご要望だけを挙げても優先順位がつきません。

ご要望を伺い、法規やご予算含めた様々な条件を考えて、優先順位をつけていったり
アイデアをご提供するのが私たちの役割です。
そのためには、家族会議だけでは限界があります。

まずは私たちにご相談ください。