施工実例

  • ホーム
  • 施工実例
  • やりたいことを100%実現 自由設計ならではの「癒やし空間」

やりたいことを100%実現 自由設計ならではの「癒やし空間」

さいたま市 S様

自宅の中に奥さまのアロマ・サロンを作るために設計されたS様邸は
まさに「癒し空間」にふさわしい邸宅。

【玄関を入って広がるのは、大谷石の土間スペース】

夫婦で栃木県の大谷石の採石場まで足を運び、
タイルとは違ったその「風合い」「あたたかな柔らかい雰囲気」に一目惚れ。
「ゼオライト」成分を含む大谷石は、多数のマイナスイオンと
強い遠赤外線を放出し、癒し効果を発揮。
更に「調湿」「防臭」効果もあり玄関に一歩踏み入ると心身ともに癒されます。
家づくりを通して大谷石のファンになった奥様は、
様々な大谷石グッズを集めているほど。


【ナチュラルテイストで統一したLDK空間】
1階は人が集まるパブリックなスペースとして、収納スペースをしっかり設け、
見た目の統一感と機能性を両立させています。

リビングに入ると目に入るのは、大きなアイランドキッチン。
その背後には新座朝霞や練馬のモデルルームをベースにした
木目の美しい造作の食器棚、窓の下の収納も木目の造作。
これは練馬と浦和のモデルルームのアイディアを取り入れました。
フローリングは川口のモデルルームの挽板を採用しています。
さらにリビング階段も木をふんだんに使っています。
奥様は「目で見て癒やしがある空間にしたいと思い、木だけでコーディネートを統一しました。
建てる前にイメージしていた思い通りの雰囲気に仕上がっています」とご満足いただけました。


【リビングにあるアロマ・サロン】
奥様がアロマセラピーをできるように可動式の間仕切りを用意。
間仕切れば6畳ほどの施術スペースになり、窓の下には施術用のベッドを収納するスペースも確保されています。LDの限られたスペースを有効に使うための空間づくりが多く織り込まれています。


【さらなる「癒やし」は青森ヒバを使った浴室】
1階のLDKのスペースを優先した結果、プライベートゾーンである浴室は2階にあります。
浴室には壁と天井にヒバを使い、
ヒバの香でリラクゼーション効果抜群です。さながら「温泉宿」に来ているようなバスタイムを香りと視覚で楽しみます。



やりたいことを35坪に詰め込んだS様邸。
「たくさんのアイディアを織り込んだ自由設計と高い技術力があるからこそ、
ここまでのこだわりが実現できた」と旦那さまはおっしゃっています。
一冬すごし、快適さは想像以上、というご夫婦は、
次に夏にこのお風呂に入ることを楽しみにされています。



彩樹の家
延床面積 115.01㎡
敷地面積 115.18㎡