家づくりマガジン

2020.4.23

さいたま新都心

感動&心も和む

こんにちは
家に帰ったら即入浴するなど
過敏なほどにウィルスに敏感な対応をしている中山です。

さて色々と自粛はされていますが現場は気になってしまいます。
昨日、お施主様から「窓を見てきました」との知らせを受けたので
私も早速チェックです。

「感動!」その場でじっと眺めていました。

丸窓はお施主様のこだわりです。
当初どんな大きさにするのかをかなり悩まれていました。

道路側からどういう見た目になるか・・・
大きさを間違えるとクマさんみたいになってしまう・・・
そうかと言って、通常の四角いマドでは面白くない・・・
あまり目立ちすぎないようにしたい・・・
バランスなども考えないといけない・・・
もちろん、窓の性能も考えないといけないなど、
色々と意見交換をした経緯があるんです。

そんなことを思い出しながら見ていました。

余談ですが、工事について聞いたところ、
棟梁は窓にこだわって施工したそうです。

この日は屋根の工事もしておりました。
ヘルメットを被り、手袋をして、屋根に登ろうと思いましたが、
「怖そう・・」
正直なところ高い場所は苦手です。
なので屋根の写真は職人さんに撮ってもらいました。

上棟時に秋山監督が
スイスイと高いところでよく動き回れるなと感心致します。
↓上棟時の様子です(緑のヘルメットが監督です)↓


現場でいつも気になるのが、
隣の敷地に咲いている菜の花です。

出向くたびに少しづつ成長しています。
とても心が和む、今日この頃。