家づくりマガジン

2021.2.5

本社

ご存知ですか?耐震性の低い古い家の建替え工事には住宅支援が受けられます! 

ご存知ですか?
埼玉市内の耐震性の低い古い家の建替え工事には
住宅支援が受けられます! 



さいたま市では、地震災害に強いまちづくりを推進するため、
市内において新耐震基準以前に建築された戸建住宅の耐震診断、
補強設計、補強工事及び建替え工事の費用の一部を助成金の支給を行っています。

その中で、住宅の新築に伴う「建替え工事」の助成金については
市内において昭和56 年5 月31 日以前に建てられた
戸建て住宅の耐震診断を実施した結果、「倒壊する可能性が高い」と
診断された住宅で、当該建築物を除却し、
新たに同様の建築物に建替える場合に最大で60 万円の
助成金の支給を受けることが出来ます。



既存ブロック塀等の除却・建替え工事の費用も
助成が受けられます。




地震の際のブロック塀等の倒壊による人的被害の防止と避難経路を確保するため、
個人等が所有するブロック塀等の改善を目的に、
除却又は建替え工事の費用の一部を助成します。
公道や公園、遊歩道などに面した個人が所有する高さ80 ㎝を超えて
いるブロック塀などの解体除却工事や新しい塀の建替えの工事をする場合に
さいたま市では最大で30 万円の助成金の支給を受けることが出来ます

助成額は異なりますがこれは、どこの区市町村でもあります
活用してください。