家づくりマガジン

2021.7.24

さいたま新都心

住宅ローン減税〜【トピックス】

こんにちは中山です。

住宅ローン減税の期限をお忘れではないでしょうか?
13年間の減税適用を受けるには
注文住宅の場合、令和3(2021)年9月末までに
工事請負契約をしておかなくてはなりません。

再々延長は?
今のところ未定です。

さて、そんな中、知っておきたいこと。
前回の延長する前に総務省が控除率1%が高いと議論されていました。
本来は金利を軽減する事が目的だったのが、
低金利により、支払う利息よりも上回ることで利ザヤが生まれる事から
過剰な控除と問題視されたようです。

そこで今後見直しされそうだと言われているのが、
「年末の住宅ローンの残高の1%」または
「1年に支払う利息金額」
いずれか少ない額を控除額となる可能性があるようです。

元々は10%に消費税が上がった事により
10年から13年に控除期間が延びた住宅ローン減税の制度。

焦ってドタバタしたくはないけれど、
現状の状況や先々のことも踏まえて
減税による恩恵をしっかりと受けておきたいところ。

どんな動きになるのか先が分からないので
情報のアンテナはしっかり張っておくことが大切です。
こういう情報って意外に新聞記事の方が気がつくんですよね。

2ヶ月あるので土地探しからでも間に合います。

住宅ローンアドバイザー
宅地建物取引士 中山