家づくりマガジン

2021.12.1

さいたま新都心

土地探し~地鎮祭

こんにちは中山です。

土地から始める家づくり・・・

土地は何を基準に考えますでしょうか。
もちろん敷地の広さ、場所、ご予算は大切な要素です。

お手伝いをさせて頂く側としては、
なんと言っても周辺環境や地域の特徴を下調べをすることが多いです。
お買い物、学校、病院、駅からの距離・・・

その他にも色々とありますが、
個人的には現地に出向いて周辺環境を確かめながら
「この場所に住んでみたいなあ」と感じられる要素を大切にしています。

さて杉戸町・・・
東武動物公園駅を挟んで、東に杉戸町、西に宮代町があります。
近くに「東武動物公園」があるので馴染みもあります。

古くから宿場町として栄え「杉戸宿」と言われ
江戸時代に幕府が設定した五街道のひとつ
「日光道中」の日光街道・奥州街道の江戸・日本橋から数えて5番目の宿場町です。

今でも情緒あふれる家が立ち並んでいます。
外部リンク⇒すぎと「彩」発見マップ

そんな住環境で家づくりを始めたK様。
土地の相談を受けてから現場に出向いたところ、とても暮らしやすさを感じました。
現場からメールを送ったりもしました。

そして昨日、地鎮祭を迎えました。
おめでとうございます。

地鎮祭を終えると秋山監督より配置の説明です。


これから細かい打合せがはじまりますが
どうぞよろしくお願いいたします。