家づくりマガジン

2022.2.27

さいたま新都心

階段は重要なポジション~【現場の様子】

こんにちは中山です。

工事が進んでいくのを確かめるのは楽しいものです。
杉戸町で建築中のK様邸・・・


打合せしたあの場所・・・

どんな形状が良いのかイメージ写真を見て頂きながら決めたので
出来上がるのが楽しみでした。

その場所は階段です。
K様邸ではストリップ階段を採用しました。
リビング隣接する場所だけに
家のアクセントにもつながる重要なポジション。

ストリップ階段といっても
色んなカタチやデザインがあります。

踏板を支えるためには何等かの材料で支えなくてはなりません。
主なものとしては「ササラ桁」と言われるものがあります。

壁面を使って支えたりする方法などもあります。
同じように見えてよく確かめると微妙な違いがあります。

重量感があったり、スッキリと感じたり、
合わせる手摺りの色や形状などによっても、
雰囲気が変わります。

斜めから見るとこんな感じです。
縦に入っている材料は仮止めです。

後々アイアンのバー手摺りで仕上がる予定です。
色は艶の少ないマットブラックを選びました。
出来上がりが楽しみです。

さて外部は外胴縁が組まれました。
これらは全てヒノキを採用しています。

リビングは新都心のモデルハウスのような
雰囲気を実現したいということで大きな吹き抜けを採用されました。

そんな空間には少し幅広の無垢床が似合うと思ってご提案。
こちらは完成してからのお楽しみです!