家づくりマガジン

2022.7.17

さいたま新都心

西川材~木育とカンナくずアート【7月16.17.18/夏の体感フェア2日目】

こんにちは中山です。

「木育(もくいく)」ってご存知でしょうか?
最近よく聞かれるようになった言葉です。

木育とは、子どもをはじめとするすべての人々が
「木とふれあい、木に学び、木と生きる」取り組み。

子どもの頃から木を身近に使っていくことを通じて、
人と、木や森との関わりを主体的に考えられる豊かな心を育むことなんです。
林野庁のホームページでも紹介されています。⇒外部サイト【林野庁】

さてそんなことも意識した「西川材の体感フェア」・・・
カンナくずアートのご紹介です。

鮮やかな昆布?
いや、キレイな織物のようにも見えてしまう
”ヒノキのカンナくず”・・・


手に触れて、香りも確かめてみませんか。

そんなカンナくずは、フラワーアートなんかも人気です。
今回こんなものを作ってみました。

みなさんも作ってみませんか。